50代の肌は水分を保つ作用を持つセラミドが減少する…

50代の女性のガイド

50代になるとホルモンバランスの変化もあり肌が荒れやすくなります。

20代や30代の頃よりも肌が乾燥しやすくなり、シミやシワが目立つようになるのでエイジングケア用の化粧品を使っている人も多いです。

50代用のエイジングケア化粧水には様々なタイプがありますが、美白効果と保湿効果が期待できる化粧水が売れています。


年齢を重ねると化粧水や美容液が肌に浸透しにくくなります。

肌のターンオーバーが滞るとシミやくすみが生じやすくなるので、新陳代謝が活発になるように十分な保湿ケアを行うことが大切です。

50代の肌は水分を保つ作用を持つセラミドが減少するので乾燥しやすくなります。


化粧水で水分を補給して美容液で十分に保湿をしたらクリームで潤いを閉じ込めてあげます。

最近は美顔器も売れていますが、イオン導入に使える美白化粧水なら自宅でイオン導入ケアができるので便利です。

ビタミンC誘導体やプランセンタが配合された化粧水を使うと、高い美白効果が期待できます。


50代で吹き出物ができると色素沈着の跡が残りやすくなりますが、ビタミンC誘導体は吹き出物を防ぎ色素沈着の跡を薄くすることができます。

プラセンタは動物の胎盤エキスのことで、メラニンの生成を防ぎ新陳代謝を活発にします。

血行を促すので肌に栄養が届きやすくなります。


エイジングケア化粧水にはビタミンC誘導体やプラセンタ以外にも様々な美容成分が配合されています。

美容成分ではコラーゲンやセラミドも人気があります。

年齢を重ねるとコラーゲンもセラミドも減っていくので、外から十分に補ってあげることが大切です。


50代なると特に気になるのが目元や口元の乾燥ですが、乾燥がひどい場合はセラミドが配合された化粧品を使うと落ち着くことがあります。

セラミドは角質層が水分を保持する機能をサポートします。

おでこにシワが刻まれている場合は、化粧水で乾燥を防ぎ美容液やクリームで十分にケアします。


化粧品を手でつける場合は手のひらに適量とって両手で温めてから使います。

手で温めることで肌にスムーズに浸透します。

コットンで化粧水をつけている場合は、十分な量を使うのがコツです。

量が少ないとコットンが毛羽立つので刺激になります。

量が多すぎても肌の負担となるので、適量を含ませて使います。

化粧水をなじませるときは優しく肌に置くようにしてコットンをあてます。

コットンは顔の中心から外側にかけてなじませていきます。


ランキング

このページの先頭へ