セラミドが配合されている化粧水であるかどうか…

50代の女性のガイド

50代になると体には様々な変化が訪れ、その影響は肌トラブルとして肌にも出てくることがあります。

50代に出やすい肌トラブルにはいくつかの種類がありますが、その中で特に悩まれている方が多いと思われるのがしわです。

50代にしわが出やすいのは、ひとつは女性ホルモンのバランスの乱れによって肌の潤いが低下してしまうためです。

また肌自らが潤いを生み出す機能も、やはり50代になると衰えやすくなってしまうので、それもこれが出やすくなる原因のひとつだと言えます。


更にそれまでのダメージの蓄積がしわとなって出てくると言うのも理由です。

たとえば紫外線ダメージによって、肌の弾力を構成しているコラーゲンやエラスチンと言った成分が壊れてしまい、それが年月を経てしわと言う形で出てくると言った具合です。

このような悩みに対しては、デイリーケアで使用している化粧水選びから工夫をすることが求められます。


化粧水は肌に潤いを与えることを目的としており、またその機能に特化したスキンケア製品です。

そのため化粧水を利用することで乾燥の改善は期待できますが、やはりより良い働きかけを期待するのであれば、以下のような点に注目して化粧水を選ぶのが望ましいです。


まずひとつはセラミドが配合されている化粧水であるかどうかと言う点です。

セラミドは肌の潤い、保湿に大きな役割を持っている成分で、水分と油分のバランスを整えることから、肌の乾燥を改善するのであれば是非とも摂取しておきたい成分です。

加齢と共にセラミドが体内で作られる機能は低下してしまうので、50代の方はセラミドが配合された化粧水を利用して、肌の外側からこれを補うようにすると良いです。


これ以外にも潤い、保湿に働きかけが期待できる成分としてはヒアルロン酸やコラーゲン等も挙げられるので、セラミドにプラスしてこれらの成分が含まれている化粧水の使用も推奨されます。

また抗酸化作用のある成分が配合されている化粧水も、しわへの対策が期待できます。

抗酸化と言うのは、紫外線ダメージなどによって発生し、肌細胞にダメージを与える活性酸素に対抗する力のことです。


この力も人間の体に備わっている一方で、加齢と共に少しずつ低下していくと言われています。

そのためある程度の年齢を重ねたら、抗酸化力のある成分を外側から補給することが肌などのコンディションを維持する方法のひとつです。

化粧水に含まれていることが多い抗酸化力のある成分としては、ビタミンC誘導体やアスタキサンチン、コエンザイムQ10などが挙げられます。


ランキング

このページの先頭へ