50代のエイジングケアは、洗顔がとても大切…

50代の女性のガイド

美は女性の永遠のテーマです。

いくつになってもきれいでありたい、そんな女性たちにとって切っても切り離せないのがメイクになります。

このメイクで美しさだけではなく若さも保てるとしたら、大変に素晴らしいことです。

そのためにも年と共に増える肌の悩みを目立たないようにすることが、とても大切になってきます。


いつまでも若くきれいでいたい。

そうは思っていても年齢とともに若さは失われていくものです。

同時に肌の衰えが進んでいくのが、現実になっています。

50代以上の女性たちが抱える肌の悩みを調べると、たるみ・しみ・そばかす・しわといったところが上位を占めているのです。

しみとしわは単に化粧品を厚く塗って、隠せばいいというものではありません。

厚く塗るとカバーした部分がかえって目立ってしまうからです。

自然に見えるのがとても大事で、きれいに見えるメイクはくっきりと明るくが大切なことです。

こうすれば顔の影の部分を明るくすることによって顔全体が膨らんで見えるため、若々しい雰囲気になるのです。

強調したいポイントをくっきりさせることによって、明るく生き生きとした印象になります。

50代の人のみならず女性であればこの機会にぜひ覚えておきたいものです。


エイジングケアの基本となるものが、洗顔です。

また洗顔は健康な肌を保つためにもとても大切なものでしょう。

顔の皮膚は部位によって薄さ・乾き方・皮脂の量が異なっていますので、洗い方のポイントとなってくるのは皮脂が多いところから丁寧に洗うことが大切です。

洗う順番はTゾーンから鼻の周りへ、これらの場所は汚れがたまりやすい部分なのでしっかりと洗いましょう。

皮膚が薄くなっているほおや目の周りは最後に洗います。

洗顔後は肌をいためないように、優しく拭くようにしてください。

化粧水を手に取り、顔全体にいきわたらせます。

その時に顔をたたいたり擦るようにして化粧水をつけるのではなく、両手で肌に押し込むようにゆっくりとつけていくのがポイントです。

化粧水をつけてすぐ顔が濡れた状態で美容液をつけるのはNGで、化粧水をつけたらしばらく置いて、肌になじませましょう。

肌に化粧水がなじんだら押し込むようにして、美容液をつけます。

この時手が肌に吸い付くような感じになれば大丈夫です。

目じりや目の下などしわができやすい目まわりなどは、特に入念なケアをする必要があります。

しわが気になる部分には、美容液を重ねて肌をしっかりと保湿しましょう。

50代のエイジングケアは、洗顔がとても大切なことを覚えておいてください。


ランキング

このページの先頭へ